最新情報☆調剤報酬ファクタリング

調剤報酬でファクタリングを利用するならおすすめは

資金調達の方法の一つとして、最近注目されているのが「ファクタリング」という方法です。利用が増えている理由には、売掛金をすばやく現金化できるという点にあります。銀行融資では審査が必要ですし、借入額が増えれば決算書にも影響してくるため、比較的簡単な審査で利用できるファクタリングは人気があります。

ファクタリングは一般企業だけではなく、医療機関や薬局などの調剤報酬にももちろん利用することができます。入金される予定の報酬をファクタリング会社に買い取ってもらい現金化するという仕組みはまったく同じです。

特に調剤薬局の場合は、新規開業や高額医薬品などの仕入れなどで急な資金調達が必要となることもあります。そこで当サイトでは、おすすめのファクタリング会社をいくつかピックアップして、それぞれの特徴をご紹介します。

シーエスプランニング

公式サイトはコチラ

POINT

老舗の企業なので安心して利用できる
全国対応なので、どこからでも申し込み可能
電話とメールフォームで問い合わせができる

シーエスプランニングは、医療や介護、福祉、調剤薬局の経営者専門のファクタリングサービスを提供してくれると人気です。昭和54年に設立された老舗の企業なので安心して相談できますし、最短3日で資金ニーズを解決してくれます。調剤報酬債権の買い取りも行っていて、豊富な知識と経験をもとに提案してくれます。そのため、資金繰りが必要な調剤薬局の経営者も役立てることができます。

買取総額は100万円から1億円と幅広いため、資金繰りが必要になったときに目的に合わせて申し込むことができます。また、全国に対応しているため、北海道から沖縄までどこからでも申し込むことが可能です。もちろん、他社からの乗り換えにも対応してくれます。

フリーダイヤルが用意されていて、土日、祝日を除く平日の9時から18時まで問い合わせに対応してくれます。さらに、メールフォームでも問い合わせできるため、都合に合った方法で気軽に相談できます。

トムズパートナー

公式サイトはコチラ

POINT

スピードを重視したファクタリングサービスを提供
良心的な手数料で幅広い買取金額に対応
電話や専用フォームでファクタリングに関する質問や相談ができる

2社間ファクタリングに特化したサービスを提供しているこちらのトムズパートナーは、簡単な手続きでスピーディーに現金化してくれると人気です。申し込むと専門のスタッフがヒアリングを行った上で、スピーディーに審査してくれます。即日入金を目指して対応してくれますし、入金予定を具体的に伝えてくれるため、安心して利用できます。もちろん、調剤報酬のファクタリングを申し込みたいときも役立ちます。

依頼者の負担をできるだけ軽減させるために、3パーセントから15パーセントという良心的な手数料でファクタリングサービスを提供してくれるのも嬉しい特徴です。また、買取金額は10万円から5,000万円まで幅広く対応してくれます。

電話で問い合わせを受け付けてくれるので、ファクタリングに関する質問や相談が気軽にできます。電話の受付時間は、平日の10時から19時までです。また、無料相談や査定依頼ができる専用フォームも用意されています。

TAKARA

公式サイトはコチラ

POINT

安心のファクタリングサービスを提供
電話やメール、FAXで相談できる
急ぎの資金繰りにもしっかり対応

TAKARAは、ファクタリングサービスで資金調達に関する悩みをスピーディーに解決してくれることで人気です。手元の売掛金を期日前に資金化できるため、資金繰りに関する悩みを抱えているときに役立ちます。保証人や担保が不要ですし、経営状況や営業年数、個人情報などに関係なく申し込むことができます。

申し込みを検討しているときは、電話やメール、FAXで相談できます。その後、担当者がじっくりヒアリングし、スピーディーに審査してくれます。調剤報酬の買い取りに関する相談もできますので、調剤薬局を経営する人の資金調達にも役立ちます。もちろん、急ぎの資金繰りにもしっかり対応してくれるので安心です。

営業時間は9時から18時までで、用意されているフリーダイヤルに電話をすれば丁寧に相談にのってもらえます。FAXやネットからの問い合わせは24時間受け付けているので、都合に合った方法で相談できます。

ファクタリング福岡

公式サイトはコチラ

POINT

九州エリアを中心に、柔軟かつスピーディーなファクタリングサービスを提供
ファクタリング専門のスタッフが丁寧に対応
専用フォームで問い合わせできる他、電話で無料査定が申し込める

ファクタリング福岡は、柔軟な審査とスピードでファクタリングサービスを提供してくれると人気です。九州エリアを中心にサービスを行っていて、個人事業主から法人まで申し込むことが可能です。無料で相談ができるため、資金調達が必要なときに気軽に問い合わせできます。

ファクタリング専門のスタッフが秘密厳守で柔軟に対応してくれるため、取引先に知られることなく資金調達したいときも安心して相談できます。もちろん、小口から大口まで幅広く売掛金の買取に対応してくれますし、調剤報酬のファクタリングを検討しているときにも役立ちます。

対象エリアは九州全域と中国・四国地方で、郵送での取引にも対応してくれます。専用フォームから相談や申し込みができる他、電話で無料査定も申し込めます。電話の受付時間は、土日祝日を除く9時から18時までです。

業界最低手数料!【ファクタリング福岡】

株式会社ウィット

公式サイトはコチラ

POINT

500万円以下の小口専門のファクタリングサービスを提供してくれる
非対面式を採用しているので、事務所に居ながら資金調達ができる
電話や問い合わせフォームで相談できる

株式会社ウィットは、ファクタリングとコンサルティングで経営の改善をサポートしてくれると人気です。ファクタリングサービスは500万円以下の小口を専門にしているため、資金繰りで困ったときにニーズに合わせて利用できます。もちろん、調剤報酬の買い取りも相談できます。

非対面で成約まで可能なのも嬉しい特徴の一つです。非対面式な上、電話1本で手軽に申し込めるため、事務所に居ながら手間をかけずに資金調達したいときにも適しています。しかも、最短2時間で成約が可能なので、急ぎの資金調達にも安心して利用できます。

フリーダイヤルが用意されていて、9時から18時まで問い合わせに対応してくれます。また、問い合わせのためのメールフォームも用意されているので、時間帯を気にすることなく問い合わせることも可能です。

【非対面契約のファクタリングといえばウィット】

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

公式サイトはコチラ

POINT

経営課題を明確にすることで戦略の見直しに役立つ
多彩な資金調達の手段から最適なものをチョイスできる
M&Aや事業再生など多彩なサービスが魅力

ファクタリングの他にM&Aや事業再生なども幅広く任せられるのが、一般社団法人日本中小企業金融サポート機構の強みです。第三者の視点から的確に問題を洗い出し、解決方法を提案することで企業経営を強力にサポートしていきます。

資金調達手段として定着しつつあるのがファクタリングです。これは売掛債権などを買取ってもらうことで、迅速に資金を確保するものです。一般社団法人日本中小企業金融サポート機構は多彩な債権の買取が可能で、売買代金やサービス提供代金と言ったメジャーなものの他、調剤報酬などへの対応もあります。

後継者探しなどで難航した時、利用されるのがM&Aですが、法律的に難しいことも多くて手続きも複雑なのがネックです。一般社団法人日本中小企業金融サポート機構なら資金調達なども併せて相談できるのが便利です。

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

調剤報酬のファクタリングと申し込みの流れ

調剤報酬を売却するファクタリングを利用するなら、申し込みの手続きが必要です。その具体的な流れですが、まず1段階目はファクタリングの専門業者への連絡です。電話やWEBフォームなどを活用して、調剤報酬を現金化したいという旨を伝えます。後者のWEBフォームで申し込みをする場合は、指定の情報を入力する必要があります。そのデータを専門業者に送信すると、担当者から連絡が来る訳です。そして2段階目は、ファクタリングの担当者との打ち合わせを行います。薬局と担当者が対面した上で、手続きの流れなどが伝えられる訳です。その際、ファクタリングの専門業者によっては出張してくれる事があります。多忙な薬局の場合は、出張サービスを活用している事も多いです。もしくは電話にて打ち合わせするケースもあります。

3段階目ですが、ファクタリングの専門業者に対する書類提出です。そもそも金融関連の商品を申し込む時には、必ず書類を提出する事になります。銀行からお金を借りる時にも書類は必要ですが、それはファクタリングも同様です。基本的には本人確認書類や調剤報酬に関する書類を提出する事になりますが、郵送で手続きを進めるケースもあれば、訪問してくれた担当者にその場で提出するケースもあります。スムーズに現金化したい時は、書類は早めに揃えておくのが望ましいです。4段階目ですが、専門業者による審査が行われます。色々な観点から審査を行った上で、現金化が可能であるかどうかの決断が下される訳です。なお調剤報酬のファクタリングの場合は、審査に通過する確率は比較的高いです。調剤報酬は回収確率が高いからです。

審査が完了しますと、ファクタリングの専門会社から通知されます。その内容に基づいて、ファクタリングの正式契約を結ぶことになる訳です。ちなみに契約を経験する際には、専門業者から書類も発行されます。その書類を慎重に確認した上で、正式契約するかどうかを判断している薬局も多いです。また正式契約した後には、国保などに対する譲渡通知の手続きも行う必要があります。その際、書類が求められる事があります。そして契約内容などを慎重に確認した上で、最終的には専門会社からお金が入金される訳です。ただし満額が入金される訳ではありません。ファクタリングの専門業者が指定する手数料を差し引いた分だけ、入金される訳です。ですから調剤報酬を早めに現金化する事もできます。以上の手続きが全て完了するのは、おおむね数日目安になります。

ページトップへ