アニメーターとはどんな仕事なのか

アニメーターという仕事をご存知でしょうか。聞いた事はあるという方もいるでしょう。しかし、実際にどういった仕事内容なのかを把握している人は少ないでしょう。アニメ制作に直接関わる人という包括的な説明をしておきますが、どんな仕事なのでしょうか。アニメは、撮影する実写と比べ、製作に時間がかかる事が多いです。絵を描いて、動かして、撮って行くのですから、納得です。実際にどういう流れなのかと言いますと、まずは脚本が必要です。それが出来上がったら、絵コンテやレイアウトを作成します。レイアウトを基に原画が作られます。原画を基に動画を作成しますが、原画と原画の間を動きが繋がるように絵を描きます。それから、背景も必要です。出来上がったものに色をつけ、動画を撮影します。ひとつのシーンを撮るのに、ものすごい数の原画が必要になるのがわかります。

アニメーターの仕事内容を詳しく見ましょう

そうやって製作した素材を繋ぎ合わせて、ひとつのムービーが出来上がります。まだ仕上がりではありません。そこに声を吹き込み、音を入れて、ようやく完成します。こうした一連の作業に関わる人は、数多くいます。具体的にみていきましょう。まずは作品全体を統括する、監督です。そして、監督と意見をすり合わせた上で細かい指示を出すのが演出です。絵コンテ担当の人や原画を描く人、動画を作成する人などがいます。絵全体の責任者である作画監督も、アニメーターのひとりです。これらアニメ製作に関わるポジションを総括してアニメーターと呼びます。しかし、原画マン、動画マン、作画監督、と作画を担当する者の総称として用いられる事もあります。中には、絵コンテマンや演出、監督を含めたポジションを示す時もあります。実際に明確な線引きは難しいでしょう。

アニメーターの報酬は安いというのは本当でしょうか

そのアニメーターの報酬が安いというのが、ニュースで取り上げられたりしています。では、実際にはどうなのでしょう。アニメーターは出来高制の事が多く、仕事依頼が無かったりすれば、当然年収は減ります。一般的な相場としては、動画マンが年収100万円前後です。原画マンが年収100万円から300万円程度、作画監督になると年収300万円から500万円程度になります。監督では年収1500万円から2000万円と、高額になってきます。どこまでをアニメーターと称するかにもよりますが、原画や動画を担当する人の報酬は安く感じます。もちろん、ニュースで取り上げられるのはこの辺りの人たちです。先述した仕事内容を思い浮かべる限り、大変な仕事であるのは明白です。しかし、彼らの仕事によって、アニメを製作する事が出来るのです。

現役のアニメーターの話を聞くだけではなく、セミナーで実際に課題をこなし、アニメーターから直接指導を受けることでよりセミナーの内容を理解することができるようになっています。 SONIC ACADEMYアニメ メイキング セミナー(略称アニセミ)はソニーミュージックが運営するアニメを中心とした実践的なアニメづくりを学ぶための場をご提供します。 アニメーターを目指している方へおすすめのセミナーを紹介しています