どのようにすればアニメーターになれるのか

世界に誇る日本のアニメーションは、文化として認知され海外の人気もとても高い状況です。このアニメーション製作にかかわる職種の中で、アニメーターがあります。業務内容は、アニメキャラクターやシナリオなどから動きを絵に描く仕事、いわゆる作画者なのです。製作工程の中でも重要な役割を担っています。アニメーターが描く作画には動画と原画があり、最初は動画製作からスタートしていき、原画製作担当そして作画監督とステップアップしていく姿が理想です。この仕事は、絵を描くことが好きなことが基本であり、描いた絵を通して人々を感動させる使命と魅力が表裏一体にあると考えます。また、とてもハードな業務なので、粘り強い性格と根気、高い集中力が求められます。従って、給与や休日等の雇用条件を優先的に考えるならば、他の職種をおすすめします。レベルの高い日本のアニメ製作に携わる喜びや、やりがいを求める人達が活躍しています。

アニメーターという仕事に就くための取組み

将来、アニメーションに関る仕事に就きたいと考え、中でもアニメーター職を希望する場合、進路や準備すべきポイントを解説します。まず、アニメーターとして絶対に必要な要件とは、絵を描くことが好きではなく、プロの専門職として恥ずかしくない絵を描く力です。事前に最低限、身に付けておくべきことはデッサン力や画面レイアウト等となります。そのスキルが無いとアニメーターとして仕事を担うことは不可能です。そのためには独学ではなく、進路先に美術大学や専門学校の養成学科を選択し、在学中にしっかり研鑽を積み、そして卒業後、アニメーション製作会社やプロダクションに就職するケースが一番の近道と考えます。アニメーション製作の現場では、数多くの役割が存在し、組織として作品をつくりあげています。従って、アニメーターの資質には協調性と奉仕の精神が求められます。普段の生活から意識することをおすすめします。

アニメーターの仕事の実情や生活スタイル

アニメーターには、アニメ製作会社やプロダクション等に専門職として採用され社員として勤務する人から、独立して個人事業主やフリーランスとして製作受注の契約を交わし仕事をすすめている人も数多くいます。前者の社員の場合は、一般的に固定給制や社会保険、雇用保険、年金等の社会保障が整った環境で従事できます。相反し個人事業として製作業務を実施する際は、歩合報酬制となります。就労時間は自分で組立てられますが、社会保障等は全て自己対応が求められます。現状、アニメ業界ではフリーランスで活躍するアニメーターの方が多くいます。メリットを挙げると、魅力ある原画や動画が話題となり、人気アニメーターになると活躍の場が飛躍的に拡がり、年収の大幅アップが期待できる可能性があります。このように仕事の形態によってメリット、デメリットがありますので自分のライフスタイルやワークスタイルに応じて選択、判断することが必要です。