アニメーターになりたい人のための基礎知識

アニメーターになるために、特別な資格や学歴が必要なわけではありません。最も必要なスキルは、プロとして仕事をこなす画力です。そのスキルを持ち合わせていれば、今すぐでもアニメーターとして働くことが可能です。しかし、画力にはデッサン力や画面構成力など、色々なスキルがあるために、人と比較して絵が上手に描けるというだけでは務まる仕事ではありません。独学で画力を向上させることも不可能ではありませんが、行き詰ってしまうこともありえます。そこで、画力を向上させるためには、学校に通うという方法が一般的です。高校を卒業した後にアニメーションの専門学校、美術系の大学、アニメに関係する学科がある大学に進学し、その後アニメの制作会社やスタジオに所属してアニメーターの道を歩み始める人が多いです。

アニメーターになるためのスキルを学ぶ学校

アニメーターになるためには、以前はアニメーションに関係する専門学校への進学が一般的でした。最近では、4年制の大学でもアニメーション関連の学科を置いているところが増えてきています。専門学校の場合は2年間というところが多いですが、学校によって1年制や大学と同様に4年制のところもあります。どのような学校を選ぶかによって雰囲気や学べる内容が異なるため、どの学校に入学するかはよく比較検討して選ぶ必要があります。アニメーターの仕事に年齢制限はありませんが、高校卒業後に専門学校や大学に進学することを考慮すると、20代半ばまでとしている会社が多いです。アニメーターになるには、自分の画力をアピールして認めてもらわなければなりません。そのため、アニメーターになりたい強い気持ちと努力する姿勢が欠かせません。

アニメーターの仕事はどんなものがあるか

アニメーターになると、最初は原画と原画の間を描く動画マンとしての仕事を行います。動画マンの仕事が認められると、原画マンの仕事ができるようになり、さらに実力を身に着けると作画監督になることができます。アニメーションを制作する現場は過酷です。動画マンとして働いている時期は、給料も高いとは言えず、長時間労働になります。アニメが好きで絵を描くことが好き、繰り返しの作業に耐えられるだけの忍耐力を持ち合わせている人でないと務まりません。また、長時間労働に耐えられる体力も必要です。動画マンから原画マンになるには、デッサン力やセンスも必要です。最近はCGなどの技術がアニメにも多く用いられるようになってきているので、将来的には専用のソフトを使いこなせるスキルを求められるようになる見通しです。