最新情報☆調剤報酬ファクタリング

HOME > 調剤報酬のファクタリングについて > メリットも多い調剤報酬を担保にしたファクタリングの事を理解しよう

メリットも多い調剤報酬を担保にしたファクタリングの事を理解しよう

医療業界の資金調達方法として、近年注目を集めている方法にファクタリングがあります。
ファクタリングには、借入では無いので信用面で傷が付かない、審査のスピードが速く素早い資金調達が出来る等というメリットが評判を呼び、色々な医療機関で利用されている資金調達方法になります。
そうした流れは調剤薬局にも浸透してきており、今では様々な調剤薬局の資金調達の手段として活用されています。
調剤薬局がファクタリングを利用して資金を調達する際に使うのが調剤報酬です。
この調剤報酬の内容は、調剤技術料や薬剤料等、調剤薬を提供するために必要な費用になります。
この調剤報酬は、現金として調剤薬局の手元に入るまで約2か月かかるとされています。
実際に資金が手に入るまでに時間がかかるため、調剤報酬を担保としてすぐにファクタリングで資金を調達したいというニーズが増えているようです。


調剤報酬を担保にしたファクタリングの最大のメリットが、ファクタリングを利用する際の手数料が、他の業種に比べ低く設定されている事が多いという点です。
調剤報酬や診療報酬等の医療系の報酬の支払いは、公的機関になります。
ファクタリング会社からとってみれば、売掛先が公的機関になるため、一般の企業と違い倒産する心配や未払いのリスクを考慮しなくても良いため、手数料が低く抑えられるのです。
さらに、調剤報酬はそうした安全な債権であるため、ファクタリング会社も出来るだけ多くの調剤薬局等との取引を行うべく、一般的な企業等に比べて高額資金を調達してくれたりする等して、長く付き合って行こうとする会社が多い傾向にあります。
1つのファクタリング会社と長く付き合って行けば、手数料の値引き交渉にも応じてくれる場合がある等、調剤薬局側にもメリットが生まれます。


さらに、調剤報酬を担保にしたファクタリングには、キャッシュフロー等の改善が出来るといったメリットもあります。
先述の通り、ファクタリングは借入ではないため、ファクタリングにより資金を調達した場合、その資金は現金・債権譲渡損と未収金という仕訳にする事が可能です。
これにより会計上現金が増加したことになり、一時的にキャッシュフローが改善されて見た目を良くする事が出来ます。
安全債権であるという事の審査が緩くなるという事もメリットの1つで、たとえ現在赤字決算である等といった厳しい状態でも資金を調達してくれる所も多いようです。
他にも、債権譲渡通知を行っても、対外的な影響が無い等といったメリットもあり、これらのメリットを上手に使う事が調剤薬局の安定した経営などに関して非常に重要になります。

次の記事へ

ページトップへ