最新情報☆調剤報酬ファクタリング

HOME > 調剤報酬のファクタリングについて > 新規開業でも審査に通りやすい調剤報酬のファクタリング

新規開業でも審査に通りやすい調剤報酬のファクタリング

法人がお金を借りるのは、事業年数などに左右される一面があります。
その理由は審査です。
そもそも事業用の資金が必要な時は、銀行から借りる方法があります。
銀行ローンを活用すれば、比較的スムーズにお金を確保できる事も多いです。
ただ銀行からは、必ずしも融資を受けられるとは限りません。
事業の年数によっては、少々難しい事があります。
というのも銀行としては、審査を行う時に申込者の事業年数を確認しています。
基本的には、年数が長い企業の方が審査に通りやすいです。
ですから新規開業したばかりの企業の場合は、審査で落とされてしまうケースが多々あります。
新規開業の段階では、支払い能力が優良であるかどうか分かりませんし、審査落ちになる可能性はあります。
ファクタリングは、その年数に関するメリットがあります。


薬局は、しばしばファクタリングを活用しています。
薬局の場合は、多くの調剤報酬を抱えている事も多いです。
ただ調剤報酬が支払われるのは、若干時間がかかります。
基本的には2ヶ月ぐらいかかりますし、なかなか事業資金を確保できない事があります。
しかしファクタリングの場合は、その調剤報酬を買い取ってくれる訳です。
その都合上、早めに現金を確保する事ができます。
しかも薬局に対するファクタリングの場合は、審査も比較的通りやすい傾向があります。
金融会社が買い取ってくれる調剤報酬は、かなり信用性があります。
そもそもファクタリングの専門業者としても、審査は行っています。
基本的には売掛金に関する審査を行って、問題なく回収できるかどうかを確認している訳です。
調剤報酬の場合は、回収確率はとても高いです。


というのも調剤報酬の場合は、公的機関から支払われるようになっています。
民間の会社ではありません。
その都合上、回収できる確率は極めて高いと見なされている訳です。
一般企業向けの売掛金は、そうではありません。
売掛先は民間企業になりますから、必ずしも確実に回収できるとは限りません。
実際ファクタリングの会社としては、たまに回収に失敗していることがあります。
しかし調剤報酬の場合は、かなり高確率に回収できる訳です。
ですから開業したばかりの薬局でも、基本的には問題ありません。
事業年数というよりは、むしろ売掛金の方を審査される事になり、新規開業した薬局でもお金を確保しやすいです。
つまり、それがファクタリングのメリットの1つです。
まだ開業して間もないものの、資金が必要な時はファクタリングを検討してみる価値はあります。

次の記事へ

ページトップへ