最新情報☆調剤報酬ファクタリング

HOME > 調剤報酬のファクタリングについて > 早期に現金を確保できる調剤報酬のファクタリング

早期に現金を確保できる調剤報酬のファクタリング

誰か患者が薬局から薬を処方してもらった後は、公的機関から報酬が支払われるようになっています。
いわゆる調剤報酬です。
ただし調剤報酬はすぐに支払われる訳ではありません。
およそ数ヶ月ほど先になりますから、なかなかスムーズに現金が支払われないのが一般的です。
その代わり、その薬の報酬は確実に支払われるようになっています。
公的機関から報酬が支払われる都合上、いわゆる未払になる訳ではありません。
ただ薬局側としては、数ヶ月ぐらい先になるのは少々困ってしまう事もあります。
例えば事業拡大です。
薬局としても事業の規模を拡大したいと考えていますが、それも資金が必要です。
数ヶ月ぐらい待たされてしまうと、薬局としても少々困ります。
その場合、ファクタリングという商品も活用してみる方が良いでしょう。


ファクタリングは、上述の診療報酬を買い取ってもらう商品になります。
基本的には専門業者に買い取ってもらう事になり、審査も受ける形にはなります。
ただ審査があると言っても、高確率で通ります。
公的機関から支払われますから、調剤報酬はかなり高い確率で支払われるようになっている訳です。
それだけスムーズに現金化できるメリットがあります。
ちなみに他のタイプのファクタリングの場合は、必ずしもスムーズに現金化できるとは限りません。
売掛金が微妙な時などは、審査落ちになるケースも稀にあります。
しかし薬局の場合は、その審査に通る確率も高いです。
そしてファクタリングには、早期に現金を確保できるメリットがあります。
数ヶ月先まで待たされるのではなく、少々早めに現金を確保できるメリットは大きいです。


そもそも薬局が資金を確保したいなら、公的機関から融資を受ける方法も一応あります。
しかし公的機関から借りる場合、かなり日数がかかってしまう事が多いです。
様々な書類審査もありますし、1ヶ月先になってしまうケースが多いです。
たとえ事業拡大したくても、1ヶ月ぐらい先になってしまうようでは、拡大の見通しも立たなくなってしまいます。
しかしファクタリングであれば、早めに現金化できる訳です。
公的機関からの調剤報酬を、何ヶ月も待つ必要はありません。
そもそも資金繰りをスムーズにしたいなら、現金は早めに確保できるに越した事はありません。
早めに確保しておけば、経営状況も好転するケースが多いです。
ファクタリングは早期に現金化できますから、資金繰りも良くなる傾向があります。
ですから多くの薬局は、その現金化の商品を前向きに検討しています。

次の記事へ

ページトップへ