最新情報☆調剤報酬ファクタリング

HOME > 調剤報酬のファクタリングについて > 調剤報酬のファクタリングの特長と得意先への情報伝達

調剤報酬のファクタリングの特長と得意先への情報伝達

法人は、早めにお金を確保したいというニーズを抱えている事があります。
事業用資金が必要になって、銀行からの融資が検討されるケースも多いです。
しかし銀行は、必ずしもお金を貸し出してくれるとは限りません。
ところで早めにお金を確保したいなら、ファクタリングという方法があります。
調剤報酬を売却して、ファクタリングでお金を確保している薬局も多いです。
その商品は、報酬を買い取ってもらうシステムになります。
専門業者に調剤報酬を売却するような形で、お金を支払ってもらう商品になります。
本来よりも早めにお金を確保できるメリットがあるので、その売掛金売却の商品を前向きに検討している薬局も多いです。
しかも薬局向けのファクタリングは、取引先に関する特徴があります。
取引先に情報が伝わる訳ではありません。


そもそもファクタリングという商品を活用している法人は、何も薬局だけではありません。
一般企業としても、その売掛金売却の商品を活用している事も多々あります。
ただ一般企業向けのファクタリングの場合は、取引先に対して情報が伝わってしまうケースがあります。
それで今後のお付き合いが難しくなる事もありますから、注意が必要です。
例えばA社は、ある時にB社のために仕事をしたとします。
そしてA社は、得意先のB社から報酬が支払われる状態になりました。
しかし報酬が支払われるのは時間がかかりますから、ファクタリングの申し込みをしたとします。
この時に申し込みをした金融会社を、仮にC社とします。
この場合、状況によってはB社に対して情報が伝わってしまうケースがあります。
それで得意先からの信用性が失われる可能性もあるのは、注意を要します。


というのもB社としては、A社の資金体力を疑ってくる可能性があるからです。
B社は「C社のファクタリングを利用している以上、A社は予算に困っている可能性がある」と捉えてしまう可能性があります。
多くの企業では、取引先の資金体力を重視しています。
上記のように捉えられてしまいますと、今後はB社とのお付き合いが難しくなるケースがあります。
ところが調剤報酬のファクタリングは、その点は問題ありません。
売掛先は公的機関になるからです。
上記のB社は、公的機関になるようなイメージです。
公的機関であれば、たとえファクタリングの情報が伝わっても問題ないと見込まれるので、安心してサービスを利用できるという声も多いです。
一般企業のファクタリングとは、色々と仕組みが異なっている訳です。

次の記事へ

ページトップへ