最新情報☆調剤報酬ファクタリング

HOME > 調剤報酬のファクタリングについて > 調剤報酬の担保ローンとファクタリングはどちらがおすすめか

調剤報酬の担保ローンとファクタリングはどちらがおすすめか

薬局では、日々多くの患者が薬を受け取っています。
それだけに調剤報酬の合計額も、かなり大きくなっている事も多いです。
ところで薬局としては、設備投資や事業拡大などを検討している事もあります。
しかし事業を拡大するのはお金も必要です。
どうやって資金を確保すれば良いかというと、上述の調剤報酬を活用してみる方法があります。
主な選択肢は2つあって、調剤報酬を担保に入れる商品を活用するか、それを売却する方法があります。
前者の方法は、比較的大きなお金を借りられるケースも多いです。
調剤報酬の累計額が大きくなっていれば、高額融資を受けられる可能性もあります。
しかし担保ローンの場合は、返済を行わなければなりません。
返済は長期に渡って続きますし、むしろファクタリングの方がおすすめという声も多いです。


担保ローンの場合は、お金を借りる商品になります。
仕組みは少々異なりますが、結局はクレジットカードのようにお金を返済しなければなりません。
その分割での支払いは、手持ちの予算を圧迫してしまうケースも多々あります。
毎月の返済に関する悩みを抱えている方も少なくありません。
薬局もそれは同様です。
調剤報酬を担保に入れてお金を借りることは可能ですが、それでも返済する必要がありますから、薬局に対する負担が大きくなってしまう事もあります。
しかしファクタリングという商品の場合は、お金を借りる訳ではありません。
あくまでも報酬を売却する仕組みになりますから、長い間返済を続ける必要はありません。
それだけ手軽に資金を確保できるのは、ファクタリングのメリットの1つです。
またファクタリングは、手数料に関するメリットがあります。


ファクタリングという商品を利用するにしても、指定の手数料は支払う形になります。
たいていは報酬に対するパーセンテージ制になっていて、8%や10%といった形で手数料を支払っていく訳です。
このためローン商品と比べると、かえって負担を抑えられるケースもあります。
そもそもローンでお金を借りる場合は、金利手数料を支払わなければなりません。
担保ローンの場合は、手数料はかなり高めになっている事があります。
ノンバンクによる担保ローンの場合は、年利15%になっている事もありますから、注意が必要です。
しかしファクタリングであれば、上記のような手数料でお金を確保できる訳です。
しかもローン商品のように、長い間返済を続ける必要もありません。
そのメリットは大きいので、ローンでなくファクタリングを検討している方も多いです。

次の記事へ

ページトップへ